夏なので、日本一のひまわり畑の写真を載せていこうと思う

2013年 8月 15日
このエントリーをはてなブックマークに追加   
himawari-000

こんにちは、ロプロス(@ropross)です。

唐突ですが、夏真っ盛りなので、北竜町の「ひまわりの里」へ行った時に、撮ってきた写真を貼っていこうと思います。やっぱり、夏を象徴する花といえばひまわりだよね。

「ひまわりの里」は、23haの敷地に、なんと130万本ものひまわりが咲き誇るという、日本一のひまわり畑です。

北竜町は、旭川と留萌の間くらい(適当)にあり、札幌からでも高速を使えば1時間半ほどで行けるので、毎年夏にはひまわり目当ての観光客が大勢訪れます。

スポンサードリンク


って、まだあんまり咲いてない・・・・

北竜のひまわり畑は、各区画ごとに開花時期をずらして植えられているので、この8月2日の時点では、一番手前の畑はまだ見頃には早かったようです。

開花情報は北竜町のサイトで確認することができます。
現在(8月15日)は満開になってるようですね。


お、このあたりはなかなか。


パッと開いたひまわりは、にっこりと笑顔を向けてくれているかのよう。


奥のほうのひまわり畑はほぼ満開になってました。


美人さんやなー。


丘の奥まで一面広がるひまわり畑はまさに圧巻。


瞼の裏に焼き付くかのような、鮮烈な風景です。


眩しい陽光を浴びて胸を張るひまわり。


ひまわりにはやっぱり青空がよく似合うよね。


ぐわっとアップで。


まさにひまわり三昧。


さらに奥、パークゴルフ場のほうの畑は、少しピークを過ぎてて、俯き加減のひまわりが多かった。


「夏」という言葉をそのままイメージにしたら、こういう風景になるんじゃなかろうか。


青空に向かって誇らしげに顔を上げています。


北海道の短い夏を謳歌するかのように咲き誇るひまわり達。


これまで北海道でいくつもの絶景を見てきましたが、初めてこの北竜のひまわり畑を見た時のインパクトは、そのなかでも一二を争うほどでした。

8月の北海道を旅行することがあったら、ぜひぜひ北竜を訪れてみてくださいね。

ではでは、またー。

(旅行日:2013年8月2日)